第60回  大学美術教育学会  山形大会

Oral presentation

口頭発表Oral presentation

演題

生徒の用具を扱う姿勢に関する質問紙の検討

―高等学校金属工芸科における指導内容の観点から―

氏名

髙野雄生

所属

東京都立拝島高等学校

COMMENT

  • 髙野雄生 より:

    横江昌人先生
    コメントいただきありがとうございます。
    私も学習指導において安全な用具の扱いに関する指導は重要なものであると考えております。

    ありがたいお言葉感謝いたします。あらためて、質問紙調査の回答結果および分析結果につきまして、ご報告させていただきたいと思います。

  • 横江昌人 小松市立高校・金沢美術工芸大学 より:

    工芸に関する発表が少ないので、関心を持って拝聴いたしました。道具に関する安全管理は多くの道具と関係深い工芸において最も大切な観点と考えます。道具については中学の技術も対象に加えたことも必要ですね私の高校の授業では絵画制作にパネル造りにおいてノコギリとノミの指導をしますが中学技術で習ったか確認しています。この発表のことを大学の授業においても紹介させていただきたいと思います。今後質問紙による回答などの結果も報告されると思いますがまた是非教えてください。

MESSAGE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA