第60回  大学美術教育学会  山形大会

Oral presentation

口頭発表Oral presentation

演題

ファシリテーター養成における「芸術知」の方法論的解明

―アートボランティア講座の事例から―

氏名

髙橋文子

所属

東京未来大学

COMMENT

  • 岡田匡史(信州大学) より:

    東京未来大学
    髙橋文子先生
     基本的コンセプトから豊饒な研究成果を結実させる手法,及び,初期着想から実り多き状態を熟成させる豊かで密度濃き取り組みに,大きな感銘を受けました。「芸術知」の言葉に先ず惹かれました。このような概念提起を試みる際,凄く感心致しました点が,2つございました。1点目は,有効な可能性を備える有益な新概念を提起する際,広範囲に,かつ,詳細に,先行研究を精査なさることで,「芸術知」なるサーチライトで,山本正男氏や藤江充氏の感性論,柴田和豊氏・金子一夫氏両説の論争内容,大野左紀子氏や冨安敬二氏の調査研究,「TKO(国際バカロレア・ディプロマ・プログラム)」等を照らして戴きましたお蔭で,「芸術知」と連関し得る諸局面への理解が促されました。金子先生の方法論的認識にフォーカスなされました箇所も示唆多く,ドリンク題材として「レモンサンダー」を例に挙げ,金子先生が提起されました〈表現主題を支える作品の3側面(表3として転載)〉の説明箇所を通じ,その階層(階梯?)構造の面白さが説得力を以て具体的に伝わり,理解が深まりましたことを喜ばしく感じました。2点目は,上記概念を基底に据えられました指導実践を構築し,新概念を検証なさり,それと共に,指導実践の展開過程における発見事項や修正的アイデア等を基に,教材の精緻化や内容的更新を次々図られることで,そうした研鑽が凝縮する足立区アートボランティア講座の緻密さに圧倒されました。髙橋先生のご発表内容を全部理解できている訳ではありませんが,貴重なご発表から,美術教育の実践及び理念と関わる,学びの種子を沢山戴くことができ,1つ1つ大切に育てたくなりました。動画視聴できましたことに心より感謝申し上げます。

  • 髙橋文子 より:

    金子先生
    コメントをありがとうございます。20年前にご教示いただいた内容かと思いますがやっとスタート地点につけたように思います。
    美的方法論の抽出は、教師は授業立案の際に、感覚的に行っていることであると改めて感じました。まだまだ荒い研究ですが、それらをある程度一般的なものとしてご提示できるように、感性的表象を軸に研究を続けていきたいと思います。

  • 金子一夫(茨城大学名誉教授) より:

    高橋先生 
    お疲れさまでした。私の古い研究を使っていただきありがとうございました。
    やはり発表者の動画と音声が入るとずっとわかりやすくなりますね。音声と動画が入るとわかりやすくなる。これは感性的認識が加わらないと物事はわかりにくいということだと思いました。今回の実践報告と分析も、予定調和的にうまくいく研究発表とは違ったリアリティがあって好感が持てました。私の課題は文章だけでこのリアリティと好感を持たせることですが、難しいですね。

MESSAGE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA