第60回  大学美術教育学会  山形大会

Oral presentation

口頭発表Oral presentation

演題

美術教育における見立て題材の教育的意義

―小学校図画工作科の教科書から考察する―

氏名

詫摩愛華

所属

東京学芸大学 大学院教育学研究科(教職大学院)教育実践専門職高度化専攻 教科領域指導プログラム(美術・工芸)

COMMENT

  • 詫摩愛華 より:

    聖ヶ丘学園 聖ヶ丘教育福祉専門学校 羽田顕佑 先生

    お返事が遅くなり申し訳ありません。貴重なご意見をありがとうございます。

    今現在、中学生を対象とした見立て題材の研究を進めております。発達段階と見立ての能力の在り方の違いについて、研究を深める方法をちょうど模索しているところでした。重要なご指摘に感謝いたします。今後は羽根田先生のご意見を参考に、「見立て」という行為をさらに研究し、発達段階に伴う変化や見立ての活用方法について、研究を進めていきたいと思います。

    ありがとうございました。

  • 詫摩愛華 より:

    新関伸也先生

    お返事が遅くなり申し訳ありません。貴重なご意見をありがとうございます。初めての発表だったため、コメントを頂けてうれしいです。
    ご指摘について、私も図版の必要性を感じたため今後の研究に取り入れさせていただきます。今後もご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

    ありがとうございました。

  • 聖ヶ丘学園 聖ヶ丘教育福祉専門学校 羽田顕佑 より:

    研究発表拝見いたしました。ありがとうございます。
    保育内容の内から初等教育段階まで広く取り扱われる見立て題材へのご着眼は大変意義深いものと共感します。基礎調査を熱心にされている姿勢も好感を受けました。
    乳幼児期~思春期までの発達段階をふまえると,「見立て」行為にある「物の形をとらえる能力」や「イメージのあらわし」といった能力の在り方も変化するものと見られます。教育課程や学年において,題材数推移の検証のみでなく「見立て」行為のもつ教育的意義やそのための活用方法も段階的に示すことが可能なように感じられました。題材の具体に迫りつつ,カリキュラム全体においてどう機能するかも考察の観点に加えると,意義立てがより強固になると感じます。手前勝手な意見ご容赦ください。

  • 新関伸也 より:

    きちんとした研究態度で真面目にとり組んでいます。ただ、プレゼンで見立て題材とはどのようなものか、さらなる説明と共に教科書図版の紹介が必要と思われます。見立て題材の図版がないとイメージしにくい点が残念です。

MESSAGE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA